Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

PHV

成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity) 中学生年代の特徴は、身長が急激に伸びる発育スパートを迎えることにあります。 平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎えます。 Philippaertsらは、サッカー選手を対象にして…

子どものCMJとSJの比較(ジャンプパフォーマンスとSSC能力(CMJとSJ)を、暦年齢7~17歳の子どもを対象に測定したところ、14~16歳までの間にSSCの能力が加速する期間が観測された)

子どものCMJとSJを比較した大多数の研究 子どものCMJとSJを比較した大多数の研究は、予想通り、CMJでより良い結果が出ることを明らかにしましたが、最近の研究では、少なくとも跳躍高に関しては、必ずしもCMJが有利な結果になるとは、必ずしも限らないとされ…

SSCにおける思春期(成熟段階で最もよく明らかとなる現象は身長の急激な増加になり、これは、最大身長発育速度(PHV:peak height velocity)として知られている)

思春期と暦年齢 思春期前は暦年齢では通常8歳からですが、性成熟段階には達していません。 この成熟段階は思春期前の身体発達の時期であり、成長の加速と第二次性徴の発現により特徴づけられていますが、まだ完全な生殖能力は有していません。 思春期になる…

思春期のトレーニングの重点(PHV:最大身長成長速度と体重の最大成長速度(PWV)のピークを向かえると性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、筋サイズの増大(筋線維サイズの増大)、さらに筋横断面積が増大して発揮筋力が向上する)

思春期のトレーニングの重点 子供がPHV(身長の最大成長速度)に近づくと、男女ともに筋および骨格組織の成長速度が不均衡になる可能性があり、注意が必要になります。 また、若年アスリートの運動能力向上と成長が非直線的かつ急速に起こる段階であるこの時…