Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スクワット中の安定した基底面を作るには(足の回内動作は、多数の関節(足の後部からつま先まで)が等量の負担で体重を支える際の正常な機能である)

足のポジション

スクワット中の安定した基底面を作るには(足の回内動作は、多数の関節(足の後部からつま先まで)が等量の負担で体重を支える際の正常な機能である)

スクワット中の足裏

スクワット中は一貫して足の側面と踵に体重をかけ、足裏全体を床から離さないことが推奨されます。

 

特に、弱点の本質的な原因が主に神経筋系にある場合は、「踵を浮かせないように」「踵を床に押し付けなさい」「踵より後ろに腰を下ろしなさい」というような言葉によるキューイングが、足と足関節のポジションを最適化するのに役立ちます。

 

足関節の過度の内反または外反により、足の左右どちらかの側面が床から離される場合は、前述の手がかりを与えてもフォームを改善することはできません。

 

このような動作制限には、足関節の筋力のアンバランスが関与している可能性があります。

www.nakajimabonesetter.com

足の回内動作の重要性

足の内側が床から上がる場合は、足の外側が床から離れる場合ほど深刻な弱点ではないとされ、それは、足の内側に過度の力が加わると、外反など望ましくない膝のポジションの原因となるからです。

 

踵を床につけた状態を保つことができない原因は、後部キネティックチェーンの硬さ(腓腹筋、ヒラメ筋など)にあるとされ、この弱点の原因が筋の硬さや関節の硬直性にある場合は、後部キネティックチェーンのストレッチングと動的な可動性ドリルにより、踵を床につけた状態で保持する能力を向上させることができます。

 

覚えておくべき重要な点は、足の回内動作は、多数の関節(足の後部からつま先まで)が等量の負担で体重を支える際の正常な機能であるということです。

 

しかし、過度の回内はしっかりとし安定した基底面をつくる能力を制限します。

 

力が十分に分散される理想的な基底面をもたなければ、スクワットのパフォーマンスは低下します。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Strength and Conditioning Research Limited Loughborough Leicestershire United Kingdom

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

  • 作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

  • 作者: Thomas R.Baechle,Roger W.Earle,金久博昭,岡田純一
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

  • 作者: ウイダートレーニングラボ,福永哲夫
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る