Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スクワット中の適切な下降動作の修正テクニック(望ましい下降動作パフォーマンスを達成するための身体的な刺激と固有感覚的な刺激の両方が含まれる)

下ろす段階の修正法

スクワット中の適切な下降動作の修正テクニック(望ましい下降動作パフォーマンスを達成するための身体的な刺激と固有感覚的な刺激の両方が含まれる)

スクワットにおける適切な修正テクニック

下ろす段階は、体幹をしっかりと起こしたまま股関節を曲げること(ヒップヒンジ)から始まります。

 

スクワット中の適切な下降動作の修正テクニックには、望ましい下降動作パフォーマンスを達成するための身体的な刺激と固有感覚的な刺激の両方が含まれます。

 

下降時の弱点の修正を目標とする介入にとって重要な要素は、基準となるヒップヒンジによる下降動作、体幹の直立、および伸張性筋活動の速度のコントロールに必要かつ十分な筋力と可動性を確保することになります。

www.nakajimabonesetter.com

バックスクワットにおける下降段階における弱点

アスリートは股関節と膝関節と足関節を屈曲して身体を下ろしていきますが、適切な深さは、大腿部が少なくとも床と平行になり、股関節と膝関節と足関節がばらばらではなく一体的に曲がる深さになります。

 

バックスクワットの下降段階で最もよくみられる弱点のひとつは、下ろす動作中に股関節に重点を置く(膝を前方へ押し出す)方法で行うことであり、股関節の動作により「後ろへ引きなさい」と口頭で指示を与えたり、アスリートにウォールタップエクササイズを行わせたりすることは、望ましい下降動作を促すことに役立ちます。

 

バックスクワットの下ろす時間には、上げる動作の少なくとも2倍の時間をかけるべきであり、また可動域全体を通じて一定の安定した下降速度を維持する必要があります。

 

最下点近くで伸張性コントロールを失い急に身体が落ちる、すなわち「つぶれる」ことは避けなければならず、後部キネティックチェーンの伸張性コントロールに的を絞った筋力エクササイズは、このような特定の弱点を修正する手助けとなります。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

  • 作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

  • 作者: ウイダートレーニングラボ,福永哲夫
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る