Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

女子アスリートと前十字靭帯

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

女子アスリートと前十字靭帯損傷リスク

女子における神経筋の不均衡とACL損傷リスクの増大に関して、提案されているもうひとつの理論は、膝関節伸筋に関して、相対的に低い屈筋の動員であり、これはクローズドチェーンの動的ハムストリングス/大腿四頭筋ピークトルクの出力を反映している可能性があると考えられています。

 

例えば、ハムストリングスの活動は膝関節の圧縮力を増加させ、膝関節を外部内反/外反負荷から安定させます。

 

www.nakajimabonesetter.com

男女におけるハムストリングスと大腿四頭筋の活動

Hewettらは、着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きいことを示しました。

 

また、女子被験者は男子被験者と比べて、等速性運動におけるハムストリングス対大腿四頭筋の割合が低く、膝関節外転(外反)モーメントが大きくなりました。

 

膝関節の外反モーメントの増大は、運動中のピーク衝撃力と有意に相関しており、女子アスリートにおいてACL損傷リスクを高めると考えられています。

 

Fordは、女子はジャンプの着地局面において、大腿四頭筋に釣り合うハムストリングスの活動増大を示さず、全体的に振幅が小さいことを報告しました。

 

www.nakajimabonesetter.com

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

  • 作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)

前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン

前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン

  • 作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会
  • 出版社/メーカー: 南江堂
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る