Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

脂質の代謝を最大にするトレーニングセッション(運動前にCHO(糖質)を摂取すると、運動後に摂取した場合とは逆に、8時間の回復時間中に脂質の酸化が30%低下する)

脂質の代謝を最大にするトレーニングセッション(運動前にCHO(糖質)を摂取すると、運動後に摂取した場合とは逆に、8時間の回復時間中に脂質の酸化が30%低下する)

脂質の燃焼

トレーニングセッションのタイミングを検討した場合、脂質の燃焼だけを目的としたセッションを行うのであれば、一晩絶食をした状態の早朝に、中程度の強度と持続時間で行うことが最も効果的になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

食事摂取後のトレーニングと血漿インスリン濃度

この方法では、運動前の食事摂取によるマイナスの影響(高い血漿インスリン濃度)と高強度のエクササイズ(高い解糖流血流によるLCFA(長鎖脂肪酸)の輸送制限)が無効になるため、運動による刺激は、脂質の酸化を最大限に結びつきます。

 

実際、最新のデータによると、絶食した状態でのトレーニング(朝食前のトレーニング)は、朝食後のトレーニングとは対照的に、トレーニングによる骨格筋の適応を促進し、インスリン感受性を改善する可能性があることが示唆されています。

 

さらに、運動前にCHO(糖質)を摂取すると、運動後に摂取した場合とは逆に、8時間の回復時間中に脂質の酸化が30%低下することもデータが証明しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Badet C and Quero F,The in vitro effect of manuka Honeys on growth and adherence of oral bacteria Anaerobe 17:19-22.2011


Fats - biochemistry

明治 ザバス(SAVAS) ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g

明治 ザバス(SAVAS) ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g

  • 発売日: 2017/12/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)