Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

体重調整を行なう場合のトレーニングと栄養摂取のタイミング(潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取すること、また常にグリセミック指数の低い糖質を摂取するように務める)

体重調整を行なう場合のトレーニングと栄養摂取のタイミング(潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取すること、また常にグリセミック指数の低い糖質を摂取するように務める)

栄養摂取とトレーニングのタイミング

テクニックや競技的特異的体力を鍛えることを目的とするトレーニングセッション(通常、はるかに高強度である)は、少なくとも午前か、夕方近く、または夕食後に実施することが最適になります。

 

それぞれ、朝食、昼食、または夕食を摂取した結果、肝グリコーゲンと筋グリコーゲンが(十分とは言えないが)利用可能となるからです。

 

その場合、再び重要なことは、(運動強度が高くても)潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取すること、また常にグリセミック指数の低いCHOを摂取するように務めることにです。

 

www.nakajimabonesetter.com

各種栄養素の推奨摂取量とは

摂取すべき総エネルギー量に対する各主要栄養素の量と貢献比率に関して、ここで正確な推奨基準を提供することは困難になります。

 

すべてのアスリートはRMR(安静時対処率)、減量目標、毎日のトレーニングによるエネルギー消費、目標体重に達成するまでの時間など、個々にシナリオが異なり、一人ひとりに適した推奨基準が重要であることを考えると、一定の推奨基準を設けることは特に困難になります。

 

実際、研究の中では1日に体重当たりCHOは2~5g、脂質は0.5~1gの範囲で変化させ、目標体重の達成に成功しています。

 

体重調整を行う場合には、毎日のエネルギー不足に直面しても除脂肪体重を維持するための必要量に応じて、通常、体重1kg当たり2~2.5gのタンパク質が推奨されています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Department of Nutrition Health and Human Performance Meredith College Raleigh North Carolina

理論と実践 スポーツ栄養学

理論と実践 スポーツ栄養学

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2018/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)