Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

前十字靭帯と外反モーション

前十字靭帯損傷と外反モーション

女子アスリートと外反モーション

Malinzaらは、女子アスリートはすべてのカッティング課題中に一貫して外反モーションを示し、これはランニング動作に関しても同じであることを見出しました。

 

また、女子アスリートが男子よりも外反モーションを示す傾向は、男女差のある身長などの因子とは無関係に一貫していました。

 

例えば、身長に関して数値を正規化しても、女子バスケットボール選手は男子と比べて、着地中に有意に多くの外反モーションを示す傾向にありました。

 

しかし、Hewettらによると、思春期前の男女に関しては、「内側へ向かうモーション」においていかなる差異も認められなかったと報告しています。

 

この点を考慮すると、このような男女差が青年期に発生し、女子は加齢につれて外反モーションが増加している可能性があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

内側へ向かうモーション

内側へと向かうモーションとは、身体の正中線へ向かう膝関節の動きを指します。

 

要するに外反モーションのことであり、この研究において、思春期前の女子の内側へ向かうモーションは男子と同程度であることが見出されました。

 

しかし、思春期後の男子や思春期前の女子と比べて、着地中の内側へ向かうモーションが多く、外反角も大きくなりました。

 

www.nakajimabonesetter.com

女子アスリートの潜在的ACL損傷リスク

外反モーションには上述のような差異が存在するにもかかわらず、競技別の外反モーションの差異は明白ではなく、高校女子バスケットボール選手とサッカー選手が特にカッティングを行う際の障害リスクはほぼ同じと考えられています。

 

そして、外反アライメントもACL損傷リスクである可能性があります。

 

特に膝関節の外反モーメント角度は、若年女子バスケットボールとサッカー選手においてACL受傷の重要な予測因子になります。

 

例えば、シーズン中にACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きくなりました。

 

また、ACL受傷直前の足の位置と下肢の角度をビデオ分析によって測定したところ、接地初期以後に膝関節の外転モーメントが漸進し、女子アスリートは男子よりも膝関節が大きく外転していることが判明しました。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

  • 作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン

前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン

  • 作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会
  • 出版社/メーカー: 南江堂
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る