Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

股関節の動き

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

股関節の動き

股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL(前十字靭帯)損傷リスクを高める可能性のある動きになります

 

股関節の内転角の大きさは、高校女子サッカー選手において、カッティング中の股関節の外転もしくは内反モーションの大きさを予測することが示されています。

 

www.nakajimabonesetter.com

着地時の股関節の角度

女子バスケットボール選手とサッカー選手はまた、着地中の股関節の内転角も大きく、これが膝関節の外反モーションを招いているとも考えられています。

 

しかし、股関節の内転モーメント単独では、ACL損傷の危険因子にはならないとみられています。

 

さらに、男子と比べて女子アスリートは、カッティング時の股関節の屈曲角の小ささは敵選手がいる場合でも認められています。

 

着地時の股関節の屈曲角の大きさはある程度とはいえ、膝関節にかかる力の大きさを左右します。

 

なぜならば、股関節の屈曲は、膝関節と足関節の屈曲と結びついて床反力を減少させることを助けるからです。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res21:10-16.2006

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

  • 作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)

一次診療で使える外科テクニック~わたしの手術法~vol.5 前十字靭帯断裂整復術

一次診療で使える外科テクニック~わたしの手術法~vol.5 前十字靭帯断裂整復術

前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン

前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン

  • 作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会
  • 出版社/メーカー: 南江堂
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る