Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

臀筋の活性化(外転と外旋は運動の重要な要素であり、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは傷害予防の観点からも重要になる)

臀筋の活性化

大殿筋の機能

大殿筋の機能には外転、外旋、および伸展が含まれます。

 

外転と外旋は運動の重要な要素ですが、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは、見過ごされている場合があります。

 

不十分な大殿筋機能と股関節伸展筋力は、腰痛と膝痛の症状に関連があるとされています。

 

シングルレッグ・スパインブリッジやその他類似のエクササイズは、GAの活性化に有益になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

股関節の内転および内旋可動性

傷害予防やリハビリテーションでは股関節外転筋や外旋筋の強化に大きな比重が置かれるため、股関節内転筋と内旋筋の筋力不足は見落とされがちになります。

 

しかし、股関節の内転および内旋可動性(HIRM:hip internal rotion mobility)の不足は、決して珍しいことではなく、注意を怠ると、他の関連症状を引き起こすこともあります。

 

このような合併症は、女子より男子に多く認められます。

 

しかし、このHIRMの典型的な増加は、女子アスリートの外傷性の非接触性膝関節傷害(最もよく知られているのが前十字靭帯と内側側副靭帯の損傷)の危険性を増加させる可能性があります。

 

したがって、女子アスリートの場合、特に股関節内旋および/または内転の不足が認められない限り、通常は、これらの平面/方向でのエクササイズを避けることが良策です。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Conditioning.Champaigh,IL,Human Kinetics,2008 397-402

コアパフォーマンス・トレーニング―身体を中心から変える

コアパフォーマンス・トレーニング―身体を中心から変える

  • 作者: マークバーステーゲン,ピートウィリアムズ,Mark Verstegen,Pete Williams,咲花正弥,栢野由紀子,澤田勝
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る