Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

SSCにおける思春期と暦年齢を考える(成熟段階で最もよく明らかとなる現象は身長の急激な増加になり、最大身長発育速度{PHV:peak height velocity}として知られている)

SSCにおける思春期(成熟段階で最もよく明らかとなる現象は身長の急激な増加になり、これは、最大身長発育速度(PHV:peak height velocity)として知られている)

思春期と暦年齢

思春期前は暦年齢では通常8歳からですが、性成熟段階には達していません。

 

この成熟段階は思春期前の身体発達の時期であり、成長の加速と第二次性徴の発現により特徴づけられていますが、まだ完全な生殖能力は有していません。

 

思春期になると子どもの性的成熟がさらに進み、性的に成熟します。

 

青年期ともいわれるこの時期は、男子では暦年齢が13~17歳、女子では12~16歳の間になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

最大身長発育速度(PHV:peak height velocity)

この成熟段階で最もよく明らかとなる現象は身長の急激な増加になり、これは、最大身長発育速度(PHV:peak height velocity)として知られています。

 

PHVの値は、女子では1年に5.4~11.2cm、男子では5.8~13.1cmになります。

 

通常、思春期後の時期は男子では17~18歳から上、女子では16~17歳から上になります。

 

骨格の成長が鈍化し、生殖器の生理学的機能が十分に確率しています。

 

理想的には、子どもたちを生物学的成熟度と発達段階に従ってトレーニングすべきです。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引引用・索引Dietz V Noth J.Schmidtbleicher D.Interaction Between Preactivity and stretch reflex in human triceps brachiiduring landing from forward falls.J Physiol311:113-125

プライオメトリック・トレーニング

プライオメトリック・トレーニング