Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

伸張-短縮サイクルのパフォーマンスにおける能動的および受動的要素(収縮要素(CC:Contractile Component)と、そのCCと連続した直列弾性要素(SEC:Series Elastic Component)がある)

伸張-短縮サイクル

伸張-短縮サイクルのパフォーマンスにおける能動的および受動的要素(収縮要素(CC:Contractile Component)と、そのCCと連続した直列弾性要素(SEC:Series Elastic Component)がある)

筋収縮の熱力学

1938年、Hillは筋収縮の熱力学に関する最初の実験で、2つの要素からなる筋のモデルを提示し、収縮要素(CC:Contractile Component)と、そのCCと連続した直列弾性要素(SEC:Series Elastic Component)があると説明しています。

 

その後数年のうちに、このモデルに並列弾性要素(PEC:Parallel Elastic Component)といわれるもうひとつの弾性要素が加えられ、3つの要素からなるモデルに拡大されました。

 

第3の要素は、活動していない筋線維の受動的な力を説明するために付け加えられたものになります。

 

このモデルは、個々の具体的な構成要素を指すというよりもむしろ筋活動の特徴を説明しようと試みるものとされています。

 

したがって、各要素はモデルで示された特徴を有する、多くの異なる筋構造で構成されます。

 

このモデルのCCとは、活動中の、すなわち収縮している筋の要素または構造(筋線維:アクチンおよびミオシンフィラメント)を指し、CCは筋の収縮中に能動的な力を発揮します。

 

www.nakajimabonesetter.com

筋の構成要素

一方、SECは筋線維と連続して直線的に並んだ筋の構成要素であり、クロスブリッジ、構造タンパク質、および腱などを指します。

 

そしてPECは、本質的に非収縮性であり、筋線維と並行して存在し、PECが安静時の筋長を超えて引き伸ばされると、緩む際に受動的な力を発揮します。

 

筋周膜、筋外膜、筋内膜などの筋の結合組織がPECの具体例になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引London Sport Institute Middlesex University London England University of Glamorgan Pontypridd Wales Unted Kingdom34-35 2014

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

  • 作者: Thomas R.Baechle,Roger W.Earle,金久博昭,岡田純一
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

  • 作者: ウイダートレーニングラボ,福永哲夫
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る