Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

弾性要素の貢献と成熟に伴う変化(子どもが成熟するにつれて、腱のスティフネス(膝蓋骨)の差は縮小し、8~9歳までには、成人男性と男子の差は、94%に、成人女性と女子との差は84%までに減少する)

弾性要素の貢献と成熟に伴う変化

弾性要素の貢献と成熟に伴う変化(子どもが成熟するにつれて、腱のスティフネス(膝蓋骨)の差は縮小し、8~9歳までには、成人男性と男子の差は、94%に、成人女性と女子との差は84%までに減少する)

SSCにおいてはSECと筋のスティフネスが重要である

SSCにおいてはSECと筋のスティフネスが重要であるため、青少年におけるこれらの要素について調べることは非常に重要になります。

 

死亡者の献体と動物の献体の両方に関する先行研究から、弾性特性は全年齢を通して変化することが示されています。

 

成熟度による被験者群の機械的なスティフネスの差は、84%から最大334%にも及びます。

 

www.nakajimabonesetter.com

子どもから成人の間に起こる機械的なスティフネスの増加

Elliotによる1965年の調査によると、人の男性の腱の伸張強度は幼児では30MPa、成人では100MPaであり、約334%の違いがありました。

 

子どもが成熟するにつれて、腱のスティフネス(膝蓋骨)の差は縮小し、8~9歳までには、成人男性と男子の差は、94%に、成人女性と女子との差は84%までに減少します。

 

同様のパターンはヤング係数でも観察され、成人男性と男子の差は99%、成人女性と女子の差は66%になります。

 

ヤング係数(弾性係数)は、圧縮力に対するひずみの割合を意味し、軟部組織が軸方向の長さの変化に耐える能力を示します。

 

研究者らは、人の子どもから成人の間に起こる機械的なスティフネスの増加は、腱の微細構造のスティフネスの変化によると結論づけました。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Effects of Performing Endurance and Strength or Plyometric Training Concurrently on Running Economy and Performance37-45

プライオメトリック・トレーニング

プライオメトリック・トレーニング

瞬発力トレーニングアナトミィ―プライオメトリックエクササイズで爆発的な力を引き出す―

瞬発力トレーニングアナトミィ―プライオメトリックエクササイズで爆発的な力を引き出す―

爆発的パワー養成 プライオメトリクス

爆発的パワー養成 プライオメトリクス