Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

子どものEURとSJ(成熟度に関連した運動制御の問題により、SJのジャンプパフォーマンスにはばらつきが大きく、ジャンプパフォーマンスの変動は常に確認されている)

子どものプライオメトリックトレーニングEUR

子どものEURは、SJにどの程度慣れていいるかによって変わる

子どものEURは、SJにどの程度慣れているかによって異なる可能性があります。

 

青少年を被験者としたジャンプ研究では、ジャンプパフォーマンスの変動が常に観察されています。

 

特に成熟度に関連した運動制御の問題により、SJのジャンプパフォーマンスにはばらつきが大きく、いかなる介入または特異的な習熟訓練も行わなかった場合には、高い熟成段階に達するまで、子どもは成人で通常観察されるSJパフォーマンスを示さない可能性が高く、そのために、誤った水増しされた値をもたらします。

 

したがって、子どものCMJとSJのパフォーマンスを比較する際は、パフォーマンスを比較する際は、ジャンプに習熟するためのセッションを含めるべきであり、また研究は、理想的にはある程度ジャンプ経験のある子どもを対象に実施するべきとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

SSCに関連のある能力の開発

専門職がジャンプや他のプライオメトリックタイプのトレーニングなど、SSCに関連のある能力の開発を目標に青少年を指導している場合には、ふたつの側面に注意を向けることが大切になります。

 

第一は、適切なジャンプと着地のテクニックの習得になります。

 

青少年のジャンプパフォーマンスの変動は、ジャンプテクニックが十分に向上すれば、パフォーマンスの変動が最小限となり、ジャンプパターンのコーディネーションも改善され、これにより、SSCをより巧みに利用するための運動パターンの改善が期待できます。

 

次に、高強度のプライオメトリックプログラムと同時に、またはそれ以前に、適切な筋力トレーニングプログラムを行なうことも向上をもたらします。

 

ジャンプ技術の向上と筋力の向上は、どちらもジャンプパフォーマンスの向上を可能にするだけではなく、さらに、青少年の傷害リスクを最小限に抑えることもできるとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal35 Numbers3 pages77-88