Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

平均のエクササイズRPEとセッションRPE(セッションを構成する要素のうち、純粋にリフティング要素のみ(RPE-LO)の評価も行われ、その結果、70%および90%強度において、セッションRPEはRPE-LOより有意に低くなった)

平均のエクササイズRPE

平均のエクササイズRPEとセッションRPE(セッションを構成する要素のうち、純粋にリフティング要素のみ(RPE-LO)の評価も行われ、その結果、70%および90%強度において、セッションRPEはRPE-LOより有意に低くなった)

セッションRPE値と、各エクササイズの平均RPE値との比較

セッションRPE値と、各エクササイズの平均RPE値との比較では、興味深い結果がでており、Dayらは、5種目のエクササイズ(ベンチプレス、バックスクワット、オーバーヘッドプレス、バイセップスカール、およびトライセップスプッシュダウン)について、各エクササイズをそれぞれ1セット完了後に取得しました。

 

その結果、これらの平均RPE値と、各強度(高、中、低強度)の完了後に取得したセッションRPE値との差はみられませんが、一方で、Sweetらは、これとは対象的な結果を報告しています。

 

6種目のエクササイズ(ベンチプレス、ラットプルダウン、ショルダープレス、レッグプレス、バイセップスカール、およびトライセップスプレス)を用いた研究では、3つの強度(90%、70%、および50%1RM)すべてにおいて、セッションRPEが平均RPEより有意に低かったと報告しており、各セットの完了後に評価された平均強度が、セッションRPEでは低く評価される可能性を示唆しています。

www.nakajimabonesetter.com

セッションを構成する要素

注目すべき点は、セッションを構成する要素のうち、純粋にリフティング要素のみ(RPE-LO)の評価も行われ、その結果、70%および90%強度において、セッションRPEはRPE-LOより有意に低くなったことです。

 

セッションRPE値と、各エクササイズの平均RPE値との比較では、興味深い結果が出ています。

 

Dayらは5種目のエクササイズ(ベンチプレス、バックスクワット、オーバヘッドプレス、バイセップスカール、およびトライセップスプッシュダウン)について、各エクササイズをそれぞれ1セット完了後にRPEの評価を取得した結果、これらの平均RPE値と、各強度(高、中、低強度)の完了後に取得したセッションRPE値との間に差はみられませんでした。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Issurin V.New horizons for the methodology and physiology of training periodisation Sports Med 40:189-205.2010

ストレングス&コンディショニング〈1〉理論編

ストレングス&コンディショニング〈1〉理論編

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

  • 作者: Thomas R.Baechle,Roger W.Earle,金久博昭,岡田純一
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る