Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーに及ぼすパフォーマンスの改善は、クレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、分岐鎖アミノ酸(BCAA)とされる)

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

エルゴジェニックサプリメント

若年アスリートの間では、MIPSなどのエルゴジェニックサプリメントの定期的な摂取が、2010年以降、64%も増加しました。

 

市販のMIPSの増加とアスリートによるこれらの製品の増加にもかかわらず、それらの製品が筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)によるとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

クレアチン

なかでも重要なクレアチンモノハイドレートは、アスリート、非活動な女性、神経障害のお客など、多くの集団において、レジスタンストレーニングへの適応を促す最も強力な効果を有します。

 

一例を挙げれば、体重1kg当たり0.1gのクレアチンを8週間のインシーズンのトレーニング中に補給したところ、ラグビー選手のベンチプレスとレッグプレスのレップ数が、プラセボ群と比較して有意に増加したことが明らかになりました。

 

www.nakajimabonesetter.com

βアラニン

また、βアラニンの補給は筋カルノシン濃度を高めるため、高強度運動中の水素イオン緩衝能の改善を促すことが明らかになっています。

 

水素イオンの希薄化により、トレーニング量が増大し疲労が減少する可能性があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

BCAA

さらに、BCAAの補給は、上級レスリング選手のカロリー制限中に、タンパク質バランスを変えることにより、パワーと筋力および筋量の維持に効果があり、筋の回復促進に役立ちます。

 

www.nakajimabonesetter.com

カフェイン

最後に、体重1kg当たり、6mgのカフェインの一時的な補給が、アスリートやレジスタンストレーニングを行っている男性のパワーと挙上回数を有意に増大させることも証明されています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases muscle blood volume but not strength performance.Appl Physiol Nutr Metab37:115-126.2012


8 Performance Enhancing Supplements, Foods & Nutrients For Cyclists