Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

一酸化窒素とエクササイズにおける血流(血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっている)

一酸化窒素とエクササイズにおける血流(血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっている)

エクササイズと血流

エクササイズ中及びエクササイズ後の血流の調整には、他の複数の機序がかかわっていることも知っておくことが必要になります。

 

血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっていると考えられています。

 

www.nakajimabonesetter.com

至適再配分と充血

したがって、栄養補助食品が測定可能かつ信頼に足るNOの増加をもたらしたとしても、それがエクササイズパフォーマンスと回復にどのような影響を及ぼすのか、あるいはそもそも影響を及ぼすのかどうかを見極める必要があります。

 

事実、高強度エクササイズにおける血流の至適再配分と充血は、主としてNO以外の機序によって促され、NOは脇役を務めるにすぎないことが示唆されています。

エクササイズと食事

エクササイズトレーニングと食事摂取に絶えず気を配ることが、体格の発達と身体能力における成功の大部分を左右します。

 

また、NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応として増加しうることも心得ておくべきです。

 

つまり、十分なトレーニング経験のある人は、非活動的な人に比べて、安静時循環NO濃度が高い可能性があります。

 

こういった傾向は、NOそのものは半減期がわずか3~4秒であるため、NO代謝による安定生成物の組み合わせ測定によって示されることが多くなります。

硝酸エステルと亜硝酸塩

安定生成物である硝酸エステル(NO3-)と亜硝酸塩(NO2-)を利用して、血中あるいは尿中濃度を測定します。

 

以上のことから考えると、NOによる潜在効果を最大化するためには、プログラムとして構造化されたエクササイズを、ひたすら定期的に行なうことが極めて重要であり、循環NO濃度を最大化することが目標であれば、トレーナーやコーチはこの点をクライアントやアスリートに対して徹底する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Bailey SJ Fulford J Vanhatalo A Winyard PG Blackwell JR Dimenna Fj Wilkerson DP Benjamin N and Jones AM Dietary nitrate supplementation enhances muscle contractile iefficiency during knee extensor sxercise in humans J Appl Physiol 109:135-148,2010


www.youtube.com