Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

一酸化窒素サプリメントにおける結論(NO生成刺激栄養補助食品は広く入手可能であり、スポーツ/ボディビルディング界に対して積極的な売り込みが行われている)

一酸化窒素の結論

NO生成刺激物

NO生成刺激栄養補助食品は広く入手可能であり、スポーツ/ボディビルディング界に対して積極的な売り込みが行われています。

 

そして、大多数が、特定成分、特にL-アルギニンの単独摂取/集中摂取に関連する調査からの借り物の研究結果に依存しています。

 

現在、「NO生成刺激物」として市販されている栄養補助食品が有効であることを示す科学的報告は、ひとつの例外を除いて存在しません。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

NOと栄養補助食品

GPLC(グリシンプロピオニルL-カルニチン)も含め、このタイプの栄養補助食品に関しては、多くの研究上の疑問が未解決のままであり、例えば、このタイプの製品は確かに、NO産生の増加を刺激するのか、血流増加を刺激するのか、運動中の筋への栄養素と酸素の運搬増加を刺激するのか、エクササイズのパフォーマンスと回復を向上させるのか、筋量を増大させるのか、実際に販売されている製品に焦点を合わせて、きちんと設計された研究が行われなければ、先の疑問に対する解答は出ないままであり、この分野は効果を生み出すことなく誇大広告に留まるとされています。

 

硝酸塩と亜硝酸塩(NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolのNO3-を含むBRJを1日に500ml摂取することにより、筋細胞が収縮するときのアデノシン三リン酸(ATP)がの転換率、すなわち使われるエネルギー量が減少する可能性がある)

 

引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The University of Memphis Mempis Tennessee