Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

スピードとアジリティ

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

スピードとは

スピードとは、単純にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)の積になります。

 

ストライドの距離と素早さで決まります。

 

スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければなりません。

 

そのためには、ストライド長とストライド頻度にそれぞれ特化した各種のドリルを利用したトレーニングが必要になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

勝つためのスピードカリキュラム

  • 基本的な有酸素性能力のプレコンディショニング
  • スプリントのフォーム作りと基本的な無酸素性能力のトレーニング
  • ストライド長のトレーニング
  • ストライド頻度のトレーニング
  • パワーと加速力のトレーニング

プレコンディショニングのレベルでは有酸素性能力の向上を目標とします。

 

つまり、基本的な有酸素性能力を高め、アスリートにスプリントを指導できるようにします。

 

ハイニーグラブやハイニーウォーキング、バットキックウォーキング、バットキックなど、特異的なダイナミックウォームアップドリルを行えば、この目標を達成できます。

 

さらに、長めのバンジーコードを使って約10ヤード(9.1m)のバックペダルやスプリントも行います。

 

また、短距離と長距離のジョギングを行って基本的な有酸性能力を鍛えることも必要になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Transference of Strength and Power Adaptation to Sports Performance-Horizontal amd Vertical Force Production

SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす

SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

運動・からだ図解 スポーツトレーニングの基本と新理論

運動・からだ図解 スポーツトレーニングの基本と新理論

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/09/14
  • メディア: Kindle版

イラストでみるSAQトレーニングドリル180

イラストでみるSAQトレーニングドリル180

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア: 単行本