Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

1RMバックスクワットのパフォーマンスを高めるには(動的ストレッチ、プライオメトリックス、WBVを利用各ルーティンは、下肢の最大パワーと最大筋力を発揮する能力を向上させることが示されている)

1RMバックスクワットのパフォーマンスを高めるには(動的ストレッチ、プライオメトリックス、WBVを利用各ルーティンは、下肢の最大パワーと最大筋力を発揮する能力を向上させることが示されている)

1RMバックスクワットテスト

ストレングストレーニング分野の専門職は、アスリートの下肢の筋力を測定するために1RMバックスクワットテストを利用することが多くなります。

 

従来、このタイプのテストは伝統的な静的ストレッチによるウォームアップルーティン後に行われることが一般的でしたが、科学的なエビデンスは、静的ストレッチルーティンを実施することは、1RMバックスクワットに必要な素早い力とパワーの発揮にマイナスの影響を及ぼす可能性があることを示しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

下肢の最大パワーと最大筋力を高めるには

最近の研究によると、代替えとなるウォームアップ手法には1RMバックスクワットのパフォーマンスを高める力があります。

 

動的ストレッチ、プライオメトリックス、WBVを利用各ルーティンは、下肢の最大パワーと最大筋力を発揮する能力を向上させることが示されています。

 

したがってストレングストレーニング専門職は、時間、ジムのスペース、テストを受けるアスリートの数などの制約条件を考慮して、個々のニーズに適したウォームアップルーティンを選択すべきであり、ストレッチやウォームアップ戦略のための知識ベースが進化し続けるのに合わせて、自らの仕事を進化させ、アスリートがトレーニングと競技会に向けて常に適切に備えていられるように心がけるべきです。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Benjaminse A Optimization of the anterior cruciate ligament injury prevention paradigm Novel feedback techniques to enhance motor learning and reduce injury risk J Orthop Sports Phys Ther2015

スターティングストレングス

スターティングストレングス