Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数とは(ピークフォース出力は動かせる外的負荷の限界を定める変数であり、その限界がすなわち最大筋力であるためには、高出力でのピークフォース発揮を要する負荷を用いなければならない)

トレーニングにおける内分泌の分泌効果

最大筋力の向上を目指すには

多くのメタ分析が取り上げている結果は、トレーニング期間を経た後の長期的適応としての結果であり、個々のトレーニング期間はトレーニング刺激への短期的曝露の繰り返しによって構成されています。

 

したがって、トレーニングの各変数(筋力、パワー、スピード)が負荷の操作によっていかに変化するかを理解することは、トレーニング刺激を決定する上でストレングス&コンディショニングコーチの大きな助けとなります。

 

ただし、プログラム全体を計画するにあたって休息時間や頻度といった他のトレーニング変数も考慮しなければならず、その点には注意が必要になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数

最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数は、ピークフォース出力は動かせる外的負荷の限界を定める変数であり、その限界がすなわち最大筋力であるためには、高出力でのピークフォース発揮を要する負荷を用いてトレーニングしなければなりません。

 

Cormieらのデータをもとに、広範な負荷を用いた3種の異なるエクササイズ(スクワット、ジャンプスクワットおよびパワークリーン)におけるピークフォース出力の例では、どのエクササイズを選択しても、ピークフォースは選手の1RMの80および90%負荷で発揮されています。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Cormie P McCaulley GO Triplett NT and McBride JM Optimal loading for maximal power output during for lower body resistance exercises MedSci Sports Exerc 12:54-60:340-349.2007