Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

コア筋群のスティフネスの調整(筋群は力発揮ならびにスティフネスの調整を行ない、この「調整」は基本的に、能動的な筋力と、その他の組織(靭帯、腱、および筋膜など)の弾性収縮力を組み合わせて利用することを可能にする)

投球動作におけるコアの働き

コア筋群のスティフネスの調整(筋群は力発揮ならびにスティフネスの調整を行ない、この「調整」は基本的に、能動的な筋力と、その他の組織(靭帯、腱、および筋膜など)の弾性収縮力を組み合わせて利用することを可能にする)

投球動作におけるコアの働き

コッキング期に股関節が反時計回りに回旋すると、アクセレーション期が開始され、貯蔵されたエネルギーが解放されます。

 

アクセレーション期において重要なのは、硬いコアによって、股関節から肩関節にパワーを最大限に伝達することになります。

 

ただしその際、コアのスティフネスは適切な筋活動によって調整され、弾性エネルギーの貯蔵と再利用がゴムバンドのように最適に強化されます。

 

そして、ちょうど手が鞭を引き寄せるように、質量の大きいコアが、アンテリアセラーペ(右肩から左股関節)を用いて質量の小さい投手の右腕を「引き寄せ」ます。

 

www.nakajimabonesetter.com

スティフネスの調整

一方、股関節の反時計回りの回旋は左脚の伸展によって加速し(左股関節は後方へ引く動作)、左股関節は引き続き前方へ移動します。

 

ボールが手を離れるとアクセレーション期は終了し、そこからフォロースルー期が開始となります。

 

フォロースルー期には、左の腓腹筋から右の広背筋にかけてポステリアセラーペが動作の減速を行ないます。

 

このように、筋群は力発揮ならびにスティフネスの調整を行ない、この「調整」は基本的に、能動的な筋力と、その他の組織(靭帯、腱、および筋膜など)の弾性収縮力を組み合わせて利用することを可能にします。

 

肩関節、股関節、および四肢の筋群は、動作を生み出すため力を連続的に産生します。

 

一方のコアは、この遠位の動作を爆発的に実行させるための硬い土台(近位のスティフネス)を提供します。

 

卓越した投手は、投球のコッキング期とアクセレーション期において、コア筋群のスティフネスを「調整」し、セラーペという鞭を最適化する能力に優れています。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society for Exercise Physiology Position Stand The use of insability to train the core in athletic and non athletic conditioning Appl Physiol Nut Mechb36:109-112.2010

パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~

パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]

  • 作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

  • 作者: NSCA ジャパン,福永哲夫
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る