Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

機能的動作とは(身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱している)

機能的動作

機能的動作とは(身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱している)

様々な機能的動作とコア

様々な機能的動作、例えば、バットを振る動作では、まず重力を用いて身体の様々なシステムに受動的負荷をかけ、それと同時に、能動的負荷をかけ、それと同時に、能動的な筋力によって床反力を増大、方向転換して股関節を回転させ、コアのスティフネスによって股関節を肩関節と結んで回旋を発生させ、最後に上肢がその回旋パワーをバットに伝えます。

 

この回旋パワーは、用具を振る動作からランニングに至るまで、最もよく知られ、かつ実行されている機能的動作の多くに共通するテーマになります。

 

www.nakajimabonesetter.com

コアを通じて力を伝達する

Logan&Mckinneyが最初に提唱したセラーペ効果は、身体がコアを通じて力を伝達する際に用いる力発揮パターンに関して、一定の知見を提唱しています。

 

しかし、Logan&Mckinneyは、彼らのセラーペ効果はあくまでも複数のシステムが関与するモデルの一要素にすぎないことを明確に示しています。

 

Logan&Mckinneyが提唱した最初のセラーペは、大きなスカーフを首の後ろに巻きつけ、身体の前でクロスさせて、ベルトの下にたくし込んだような形状をしています。

 

このモデルは、身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society for Exercise Physiology Position Stand The use of insability to train the core in athletic and non athletic conditioning Appl Physiol Nut Mechb36:109-112.2010

コアパフォーマンス・トレーニング―身体を中心から変える

コアパフォーマンス・トレーニング―身体を中心から変える

  • 作者: マークバーステーゲン,ピートウィリアムズ,Mark Verstegen,Pete Williams,咲花正弥,栢野由紀子,澤田勝
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る

体幹トレーニング・メソッド コア 本当の鍛え方。

体幹トレーニング・メソッド コア 本当の鍛え方。

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ