Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋の修復とサイトカイン(エクササイズ後の適切な筋の修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要だが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こる)

筋の修復とサイトカイン(エクササイズ後の適切な筋の修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要だが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こる)

ホルミシス効果

サイトカインは、いくつかの経路を通じて脳に情報を伝達することがきるため、オーバートレーニング症候群(OTS)に関連して起こる身体的、心理的、免疫的低下をもたらす可能性が提示されています。

 

サイトカインには本来「ホルミシス効果」があると考えられています。

 

エクササイズ後の適切な筋の修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要ですが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こるのではないかとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

ホメオスタシスと炎症

一般に、高強度運動中および運動直後には、腫瘍壊死因子α、IL-1β、「炎症-反応性」IL-6などの炎症誘発性サイトカインが分泌され、それに続いて、調整的な抗炎症サイトカイン(IL-4、IL-10、IL-1ra)などが分泌されます。

 

通常は、炎症誘発性サイトカインと抗炎症性サイトカインの濃度がバランスを保たれることにより、ホメオスタシスが維持されています。

 

しかし、炎症誘発性サイトカインが抑制されないと運動後の感染リスクが生じます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Nutritional Feats Nutrition Consulting Statesboro Georga.65-70

カラー図解 免疫学の基本がわかる事典

カラー図解 免疫学の基本がわかる事典

  • 作者:鈴木隆二
  • 発売日: 2015/06/09
  • メディア: Kindle版

免疫生物学(原書第9版)

免疫生物学(原書第9版)

  • 発売日: 2019/03/08
  • メディア: 大型本