Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

仮眠の生理学的側面(仮眠には「Postlunch dip(昼食後のパフォーマンス低下)」の低下を減らす効果がある)

仮眠の生理学的側面(仮眠には「Postlunch dip(昼食後のパフォーマンス低下)」の低下を減らす効果がある)

仮眠の生理学的側面

Waterhouseらは、仮眠が生理学的側面でも知覚面でも効果的であることを示しましたが、時間を30分程度に限定して、午後の遅い時間帯は避けるべきであるとしました。

 

仮眠には「Postlunch dip(昼食後のパフォーマンス低下)」(昼食後の時間帯に感じられる眠気に伴うパフォーマンス低下の低下)を減らす効果があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

「Sleep inertia(睡眠慣性)」

ただし、確かに仮眠は睡眠負債を返済する機会になりますが、「Sleep inertia(睡眠慣性)」(起きてからもしばらく眠気が続く状態)を引き起こさない時間内に留めることが重要になります。

 

Reilly&Edwardsは、仮眠の効果はタイミングと継続時間、それまでの覚醒時間、環境、個人差によって左右されることを強調しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Bird SP Implementation of recovery strategies 100-point weekly recovery checklist Int J Athletic Ther Train 16:16-19.2011


Sleep stages and circadian rhythms | Processing the Environment | MCAT | Khan Academy

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

  • 作者:西野精治
  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Newton別冊『睡眠の教科書』 (ニュートン別冊)

Newton別冊『睡眠の教科書』 (ニュートン別冊)

  • 発売日: 2019/09/18
  • メディア: ムック