Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復促進のためのサプリメントとは(筋グリコーゲンが枯渇すると、アデニンヌクレオチドが減少し、筋のホスホクレアチンの分解が促進され、最終的に疲労が増大する)

回復のためのサプリメント

運動からの回復能力

アスリートにとってきわめて重要な分野は、運動からの効率的な回復能力になります。

 

運動からの回復には、多くの生理学的また心理学的な変数がかかわります。

 

以下に挙げられる生理学的回復の3つの領域に、明らかに明らかに影響を及ぼすサプリメントが焦点があてられます。

 

  • ・運動後の筋グリコーゲンを補充する。
  • ・運動後のタンパク質の合成を増進する。
  • ・筋痛を軽減する(適切な水分補給も回復にとってきわめて重要)。

 

www.nakajimabonesetter.com

糖質補給の重要性

有酸素性運動でも無酸素性運動でも、運動中の適切な運動パフォーマンスを支えるためには、骨格筋内に十分なグリコーゲンが必要になります。

 

有酸素性運動でもレジスタンストレーニングでも、筋グリコーゲンが枯渇する可能性があることは明白な事実として確定されています。

 

筋グリコーゲンが枯渇すると、アデニンヌクレオチドが減少し、筋のホスホクレアチンの分解が促進されて、最終的に疲労が増大します。

 

したがって、運動を始める前にアスリートの筋グリコーゲンが枯渇した状態であると、運動パフォーマンスが低下する可能性は相当高まります。

 

つまり、アスリートにとって、筋グリコーゲンの補充能力は決定的に重要になります。

 

研究によると高強度の有酸素性エクササイズを実施した後に糖質を投与すると、筋グリコーゲンの合成速度が著しく高まることが明らかになっています。

 

www.nakajimabonesetter.com

グリコーゲンの再合成

発表されているグリコーゲンの再合成に関する研究を検討したレビューにおいて、著名な糖質研究者であるDr.John Ivyは、試合またはトレーニングの直後に体重1kg当たり1.0以上の糖質を摂取する必要があると提言しています。

 

さらに、運動後2時間おきに糖質を摂取することにより、運動後6時間まで、グリコーゲンの素早い貯蔵が促進されます。

 

しかし、注意点として、1日に複数回のトレーニングを行わないアスリートの場合には迅速な再貯蔵が決定的に必要というわけではありません。

 

1日に体重1kg当たり8gの糖質を摂取すれば、また筋グリコーゲンが当初から激減していなければ、筋グリコーゲンは24時間以内に補充されることが報告されています。

 

タンパク質を補給すると、糖質だけを上記の十分な量で摂取する以上にグリコーゲンの再合成を増進する可能性があるかについては、いまだ論争が続いています。

 

しかし、国際スポーツ栄養学会の栄養摂取のタイミングに関する公式見解は、1日に0.2~0.5g/kgのタンパク質を糖質に加えることにより(糖質とタンパク質の比率は3~4:1)グリコーゲンの再合成が促進されると述べています。

 

結局、グリコーゲン再合成を促進するだけではなく、タンパク質の合成と筋組織の修復を増進するために必要な基質を提供するためにも、アスリートは運動後に糖質とタンパク質を両方含む食事を摂取することが賢明です。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引School of Physical Education and Exercise Science University of South Florida Tampa Florida

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱