Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

亜硝酸塩の摂取によるパフォーマンス向上(硝酸塩の摂取が血中乳酸を増加させずに運動中の酸素需要を低下させ、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善した)

亜硝酸塩の摂取によるパフォーマンス向上(硝酸塩の摂取が血中乳酸を増加させずに運動中の酸素需要を低下させ、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善した)

硝酸塩の摂取と血中乳酸

Larsenらは、硝酸塩の摂取が血中乳酸を増加させずに運動中の酸素需要を低下させたこと、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善したことを明らかにしました。

 

LansleyらもBRジュースを飲んでNOを補給することにより、運動の酸素需要が低下したこと、またBRに含まれる硝酸塩量がパフォーマンス向上の原因であることを示しました。

 

Barleyらは、BRの形で食事から硝酸塩を補給することにより、被験者のNO2-の血漿濃度が96%増加し、BPが低下し、運動の酸素需要量が低減したことを明らかにしました。

 

漸増負荷サイクリング試験中のBR被験者の絶対的酸素摂取量(VO2)は、プラセボ群に比べ有意に低くなりました(BR群の568±195ml/分に対しプラセボ群は739±242ml/分)。

 

www.nakajimabonesetter.com

亜硝酸塩の摂取とトレーニング刺激に対する適応

現在のところ、BRのを毎日摂取することによりトレーニング量や運動強度の増加について調査した研究は不足しており、BRの摂取は、トレーニング刺激に対する適応を漸増する可能性があるため、この分野のさらなる研究が必要になります。

 

同様に、無酸素性エネルギー機構を用いるレジスタンスエクササイズ中の複数回のエクササイズの実施に関して、BRの効果を調査した研究もまだ行われていませんが、Barleyらは、6日間BRを補給した後、プラセボと比較して、随意等尺性筋収縮の30%で行ったレッグエクステンション中に、ホスホクレアチンの分解が36%減少したこと、また運動耐性が25%向上したことを明らかにしました。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Bailey SJ Fulford J Vanhatalo A Winyard PG Blackwell JR Dimenna Fj Wilkerson DP Benjamin N and Jones AM Dietary nitrate supplementation enhances muscle contractile iefficiency during knee extensor sxercise in humans J Appl Physiol 109:135-148,2010

理論と実践 スポーツ栄養学

理論と実践 スポーツ栄養学

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2018/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

基礎から学ぶ! スポーツ栄養学 (基礎から学ぶ!スポーツシリーズ)

  • 作者:鈴木 志保子
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)