Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

垂直跳びの能力とパフォーマンス

アスリートの垂直跳びの能力向上は、スポーツの総合的なパフォーマンスにきわめて大きく貢献します。

 

垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われます。

 

パワーを測定する方法が収集データに影響を及ぼすため、様々なジャンプ様式を検討する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

競技におけるジャンプ

バスケットボール選手は、レイアップシュートやダンクシュートを行う際に、バスケットゴールに向かって垂直跳び(VJ)を行います。

 

バレーボール選手は、ブロックしたりスパイクを打ったりする際に、素早いカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)を用います。

 

また、競泳選手は、スタートの静止状態からブロックを蹴って推進する際に、VJで行う股関節、膝関節、足関節の伸展(トリプルエクステンション)を行います。

 

ラグビー選手も、パスされたボールをキャッチするためにジャンプが必要になります。

 

静止状態からスタートするVJはスクワットジャンプ(SJ)と呼ばれ、身体を下降させてから方向転換をして行うジャンプはカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)と呼ばれます。

 

アプローチジャンプ(AJ)は一歩以上ステップを踏んでからCMJを行うジャンプであり、着地に反応して行うジャンプはデプスジャンプ(DJ)になります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Various Jump Training Styles for Improvement of Vertical Performance

プライオメトリック・トレーニング

プライオメトリック・トレーニング