Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ケトルベルの潜在的リスク(スイングの上半分における圧縮力に対する剪断力の比率は、不安定な腰椎関節を有するクライアントの脊椎を刺激し、脊椎に対する圧縮負荷を増大させる可能性がある)

ケトルベルの潜在的リスク(スイングの上半分における圧縮力に対する剪断力の比率は、不安定な腰椎関節を有するクライアントの脊椎を刺激し、脊椎に対する圧縮負荷を増大させる可能性がある)

ケトルベルを用いたエクササイズの固有リスク

KBトレーニングの実施に関しては、慎重さが求めらます。

 

KBを用いたトレーニングには、外的負荷を加速したり減速したりする他のあらゆるエクササイズと同様、固有のリスクが伴います。

 

McGillらによる研究は、腰の屈曲動作に伴って椎間板損傷のリスクが増大すること、またこのリスクは負荷をかけた腰椎屈曲を行う間、椎間板にかかる負荷が増加するにつれて上昇することを示しました。

 

www.nakajimabonesetter.com

腰椎への剪断力とは

注意すべき重要な事実は、McGillが従来のバーでの挙上とは異なるKBスイング中の剪断力(L5に比べてL4にかかる後方への力)を測定したことにあります。

 

スイングの上半分における圧縮力に対する剪断力の比率は、不安定な腰椎関節を有するクライアントの脊椎を刺激し、脊椎に対する圧縮負荷を増大させる可能性があります。

 

背部痛のあるクライアントでも、その多くはKBスイングを十分に行うことができすが、McGillは、症状の再発を経験する可能性のあるクライアントに対しては、運動中にニュートラルな腰椎湾曲を維持するための指導を受けることが重要になります。

 

また、McGillはスイング中の腹壁の意識的なプレーシングがさらに脊椎を安定させ、このエクササイズに対するトレーニング耐性を増すと示唆しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Math/Science Department Kapiolani Community College University of Hawaii

スターティングストレングス

スターティングストレングス