Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

ケトルベルの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには(上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達される)

ケトルベルスクワット

ケトルベルの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには

ケトルベルによるスクワット

実演されるKBスイングの標準とは異なる方法のひとつは、クライアントがKB上にスクワットすることになります。

 

KBの動きは曲線軌道をたどりますが、スクワット姿勢は肩と股関節のより垂直な動きをもたらします。

 

その結果、スクワットの短縮性局面で発生した筋力によって垂直方向の力が起こり、KBの曲線軌道に伝達される力が不足します。

 

そして、実践者はKBを適切なフォームとして肩の高さまで振り上げるために肩の力を発揮する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

ケトルベルトレーニングの目的

トレーニングの目的がコア(体幹)の筋力と股関節におけるパワーの向上であるならば、クライアントはKBを動かすために腕を利用すべきではありません。

 

腕はあくまでもKBと股関節によって生み出された原動力とを結びつける単なる鎖になります。

 

KBの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには、上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達されるのです。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Math/Science Department Kapiolani Community College University of Hawaii

身体を芯から鍛える!  ケトルベル マニュアル

身体を芯から鍛える! ケトルベル マニュアル