Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

即時的なコンプレックストレーニングに対するホルモン応答(高強度のコンディショニング活動の後に、バイオメカニクス的に近い低強度の動作を行う伝統的な形式のCTが、アナボリックホルモン環境の改善を促進する可能性を示唆している)

コンプレックストレーニングのホルモン応答

コンプレックストレーニングとホルモン応答

CTに対するホルモン応答について調査した研究はBeavenらの1件のみになります。

 

彼らは4つの異なる形式のCTを実施後の、唾液中のテストステロンとコルチゾールの応答を調査しました。

 

その4つとは、(a)パワー-パワー、(b)パワー-筋力、(c)筋力-パワー、(d)筋力-筋力であり、これらのセット間には3分、エクササイズ間には4分の休息時間を挟みました。

 

被験者は、週2回の頻度で計4週間に及んだトレーニングの期間中、すべての形式のCTセッションを2回ずつ、計8回のセットを実行しました。

 

その結果、筋力-パワーのセッションが、他のパワー-パワー、パワー-筋力、および筋力-筋力セッションに比べて最もテストステロンが増加しました。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11455

アナボリックホルモン環境の改善とコンプレックストレーニン

したがって、この研究は、高強度のコンディショニング活動の後に、バイオメカニクス的に近い低強度の動作を行う伝統的な形式のCTが、アナボリックホルモン環境の改善を促進する可能性を示唆しています。

 

また、同研究によると、唾液中のホルモン応答に基づいてエクササイズ処方を行うと、筋力の向上効果が高まるともされています。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11450

 

 

引用・索引Complex Training Reexamined Review and Recommendations to Improve