Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むには(CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝性疲労の影響を受けないようにしなくてはならない)

適切に計画されたレジスタンストレーニング

適切な期分けを組むには

CTは、適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むことが可能になります。

 

筋力やパワーの向上トレーニングを行う際は、「力=質量×速度」であることは忘れてはいけません。

 

そこでストレングスコーチは、伝統的なウェイトトレーニング、プライオメトリックトレーニング、オリンピックスタイルリフティング、およびCTを期分けプログラムに組み込むことで、特異的なトレーニング刺激をアスリートに提供することが可能になります。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11450

CTを実行する際に注意する点とは

ストレングスコーチは、一般に、CTをオフシーズンまたはプレシーズンの筋力/パワー期やパワー期にに適用しますが、筋力やパワーの維持のために試合期にCTを適用する例もあります。

 

また、いくらか疲労した状態で力強く筋を収縮させるトレーニングを行い、身体の生理学的、精神的な準備を整えることで、CTがアスリートに有益な効果をもたらす可能性が示唆されています。

 

ただし、CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝疲労の影響を受けないようにしなくてはなりません。

 

http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11455

 

引用・索引Complex Training Reexamined Review and Recommendations to Improve