Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

筋活性化のタイミングと規模の変化

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

筋の活性化とタイミング

競技特異的な課題を行っている間の筋の活性化能力の変化は、傷害リスクを増大させる可能性があります。

 

それは、筋の活性化能力の変化と最大活性状態に達するまでの時間の変化の両方を意味します。

 

主に筋電図検査を用いた研究により、傷害のリスク因子と特定の傷害との間には、以下のような関連があることが示唆されました。

www.nakajimabonesetter.com

腓骨筋の反応時間の遅れ

科学的な研究による合意は不十分ですが、足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされています。

 

最近のレビューでは、負傷中または以前に負傷したことがある足関節と関連して、腓骨筋の反応時間がどのように影響を受けるかを評価しました。

 

著者らは、負傷した足関節では、腓骨筋の反応時間が有意に遅れることを示しました。

 

しかし、反対に、別のレビューはFAIに伴う感覚運動の欠陥を調査し、FAI足関節の腓骨筋反応時間は健康な足関節に比べ影響を受けなかったとの結論を得たものの、著者らは、FAIは姿勢コントロールと足関節感覚の不足とは関連があるとしています。

www.nakajimabonesetter.com

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)

足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)

筋・筋膜性腰痛のメカニズムとリハビリテーション (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

筋・筋膜性腰痛のメカニズムとリハビリテーション (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

  • 作者: 加賀谷善教,吉田 真,山本大造,鈴川仁人,福林 徹,蒲田和芳
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2010/03/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル