Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

大腿四頭筋とハムストリングスにおける内側外側の筋活性化のアンバランス(筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子である)

主働筋と拮抗筋における筋活性化

大腿四頭筋とハムストリングスにおける内側外側の筋活性化のアンバランス(筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子である)

大腿四頭筋とハムストリングスにおける内側外側の筋活性化のアンバランス

筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子であると説明されています。

 

男女のACL損傷をもたらすことが知られている高リスクの運動パターンで大腿四頭筋の活性化パターンを調査した研究によると、女性は男女に比べより高い割合で大腿四頭筋の外側が活性化することが示されています。

 

これは動的な膝の外反の原因となりACLの断裂をもたらします。

 

さらに、この傷害メカニズムはハムストリングスの外側の活性化が優位であることにより、さらに増大します。

 

膝蓋大腿疼痛症候群に関しては、初期のエビデンスでは、外側広筋に比べ内側広筋のより小さく長い活性化が、この症状の高頻度の発生に関連があることが示されています。

www.nakajimabonesetter.com

主働筋と拮抗筋の同時活性化の減少

主働筋の単独の活性化と比較すると、主働筋と拮抗筋の同時活性化は、関節安定性および関節スティフネスの増加に伴う靭帯への負荷の減少に関連があるとされています。

 

大腿四頭筋とハムストリングスの同時活性化の減少は、ACL(前十字靭帯)損傷のリスク因子と関連付けられます。

 

さらに、カッティング動作や着地、減速などを行っている際のこれらの筋の同時活性化は、膝関節の安定性を低狂するだけではなく、脛骨の過度な前方変位と動的な膝の外反を防ぐ働きもあります。

 

一方、最新の研究は、腰痛の予防と施術のための機能的な運動課題を行い際には、腹横筋と多裂筋の同時活性化も重要であることを強調しています。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

スポーツ傷害 予防と治療のための体幹モーターコントロール

スポーツ傷害 予防と治療のための体幹モーターコントロール

スポーツ傷害のリハビリテーション 第2版: Science and Practice

スポーツ傷害のリハビリテーション 第2版: Science and Practice

足部スポーツ障害治療の科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)

足部スポーツ障害治療の科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)

  • 作者: 蒲田和芳,福林徹,山内弘喜,吉田昌弘,横山茂樹,鈴川仁人
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る