Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

殿筋の活性化低下(殿筋の活性低下はACL断裂と同時に発生する膝蓋大腿疼痛症候群のリスク因子であるとされている)

殿筋の活性化

殿筋の活性化低下

殿筋の活性化低下

殿筋の活性低下はACL断裂と同時に発生する膝蓋大腿疼痛症候群のリスク因子であるとされています。

 

研究によると、殿筋の活性低下と大腿四頭筋の活性増加は、片脚で着地する際、男性に比べ女性で多く見られ、これが非接触型ACL傷害を女性が起こしやすい重要な要因になっているとされています。

 

殿筋の活性化と疲労状態の関係に関するデータは限らていますが、Patrekは片脚での着地中に疲労が生じた際も中殿筋の活性化は低下しなかったことを観察していますが、プロトコル後には中殿筋の活性化が遅れています。

 

この点に関連して、また傷害の観点からも、活性化のタイミングは活性化の大きさよりも一層重要になってきます。

 

逆に膝蓋大腿疼痛症候群の女性は、膝に痛みのない女性と比べると、ランニング中の中殿筋の活性化が遅く、また時間も短いことが明らかになっています。

www.nakajimabonesetter.com

体幹の安定性と筋の活性化の不足

かつては、身体のコア(脊椎と股関節および骨盤)の感覚運動系の弱点が下肢の傷害増加と関連づけられました。

 

体幹の神経筋コントロールの変化は膝の外反増加と関連づけられ、これは膝により高負荷が伝わるため膝関節の負傷リスクを高めます。

 

同様にZazulakらは、固有感覚と体幹の神経筋コントロールの低下により、男性ではなく、女性の膝の傷害リスクの増大を予測できることを観察しています。

 

さらに、この性差は、前述の神経筋コントロールの不足が男性に比べ女性のほうがより大きいことに関係があります。

 

思春期に伴う臀筋群と体幹筋群の活性化の不足は、傷害リスクを高める可能性があることが示唆されており、思春期の年齢集団は特に神経筋の弱さの影響を受けやすくなります。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

「姿勢」と「走り方」を学んで上達する サッカージュニア向け体幹トレーニング

「姿勢」と「走り方」を学んで上達する サッカージュニア向け体幹トレーニング