Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御

 ICOCO-LESHP

フィードフォワード制御とフィードバック制御

フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。

 

すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されています。

 

この理由から、フィードフォワードは着地や減速またカッティング時の動的な安定性の維持にとっても最も重要な要素であると考えられています。

www.nakajimabonesetter.com

着地とカッティング動作

最近の研究では、着地やカッティング動作を含む傷害を起こす可能性のある高リスク課題を実行中に、適切なバイオメカニクスの維持を達成するための予測不可能な動作の重要性を強調しています。

 

事前の計画なく行われるカッティング動作(予測不可能活動)は、事前に決定された活動に比べ、非接触性の膝関節靭帯損傷のリスク因子を増大させます。

 

これらのリスク因子には、膝に対してかかる内反/外反および内旋/外旋トルクの増大が含まれます。

 

さらにFordらは、青年期の女性アスリートは同時期の男性アスリートに比べ、より大きな運動学的変化を経験することを示し、運動学の相違がすでに明らかにされており、女性アスリートのACL損傷の発生率がより高いことの原因である可能性を示唆しています。

 

予測できない活動に関する他の研究は、カッティングや着地の動作中に相手選手がかかわると、膝に対する力学的負荷が高まることを明らかにしています。

 

さらに、研究によると慢性の足関節不安定性は腓骨筋のフィードバック制御には影響を及ぼさないことが示されています。

 

特に青少年アスリートは神経的可塑性が高いため、フィードフォワードシステムを訓練するために、予測できない課題や対立課題へと漸進させることが基本的に重要になります。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)

  • 作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る