Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

統合的神経筋トレーニング(INT:integrative neuromuscular training)

統合的神経筋トレーニング

統合的神経筋トレーニング(INT:integrative neuromuscular training)

青少年において傷害の発生頻度を低下させるには

青少年における傷害の発生頻度を直接低下させることを目的とした統合的神経筋トレーニング(INT:integrative neuromuscular training)プログラムはスポーツ関連傷害に伴う神経筋のリスク因子を修正できることが示されています。

 

青少年、および若年アスリートという用語は、子ども(ダナーの性的成熟度分類の段階1と2、10~12歳)と思春期の若者(同3と4、13~18歳)の両方を意味します。

 

青少年の体力と運動能力は成熟度により直接変化します。

 

発達上重要な「絶好の機会」が存在すると示唆する研究もあり、その時期の青少年は、トレーニングによる適応に対する感度がきわめて高くなります。

www.nakajimabonesetter.com

思春期と統合的神経筋トレーニング

中枢神経系は髄鞘形成により誕生後の2~5年間に大幅に増大しますが、その過程は性成熟するまで、または成人期まで終わりません。

 

この事実を考慮すると、神経適応を促進するトレーニングを特に思春期前に開始し、その後も重要な思春期を通して継続することは有益であると思われます。

 

概念的な定義としてINTトレーニングは、傷害から回復力の向上と競技および運動スキルのパフォーマンス促進を目的に、一般的な課題(基本的運動)および特異的なストレングス&コンディショニング課題(レジスタンス、バランス、アジリティ、プライオメトリックスなど)を組み込んだトレーニングプログラムになります。

 

また、このトレーニング介入モデルは、スポーツパフォーマンスと傷害予防に対する統合的な視点を確立するために、スポーツの状況下でアスリートの知覚的、認知的な能力を開発することも意図してます。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

実践 スポーツPNFコンディショニング―機能的神経筋能力の養成法

実践 スポーツPNFコンディショニング―機能的神経筋能力の養成法

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

ウイダーストレングス&コンディショニング エクササイズバイブル

  • 作者: ウイダートレーニングラボ,福永哲夫
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る