Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

若年アスリートにおける傷害予防(アスリートに固有の神経筋の欠陥を確認し、 確認された欠陥に関連づけられる神経筋コントロールとコーディネーションを改善する生理学的適応の促進に目標を定めたエクササイズを取り入れる必要がある)

現代の若年アスリートと傷害

若年アスリートにおける傷害予防

傷害予防における最適な運動メカニズムとスキルの習得

現代の若年アスリートたちは、長期的な傷害抵抗性にかかわる最適な運動メカニズムとスキルを身につけることよりも、むしろある特定の集団スポーツの試合に勝利することを重視する傾向がありにます。

 

INTは傷害予防トレーニングに重点を置きますが、トレーニングによる身体適応は、競技パフォーマンスのスキルや能力向上の要因でもあります。

 

INT導入は、青少年アスリートにとって多くの場合、傷害予防というよりもパフォーマンスの向上が主な動機になります。

 

INTプログラムは、複雑なスポーツ活動起因する急性傷害の予防を促進します。

www.nakajimabonesetter.com

急性外傷の減少には

これまでのエビデンスは、急性傷害の減少には以下の段階が必要になります。

  1. アスリートに固有の神経筋の欠陥を確認する。
  2. 確認された欠陥に関連づけられる神経筋コントロールとコーディネーションを改善する生理学的適応の促進に目標を定めたエクササイズを取り入れる。

 

例えば、コーディネーション能力の向上をもたらすINTによる介入は、オーバーユース傷害のリスクも減らすことができ、筋腱構造の有益な構造的適応を達成できるとされています。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

CKCエクササイズ―傷害予防とリコンディショニングのための多関節運動の理論と応用

CKCエクササイズ―傷害予防とリコンディショニングのための多関節運動の理論と応用

  • 作者: Todd S. Ellenbecker,George J. Davies,山本利春,渡部賢一,中村千秋,小柳好生
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る

プライオメトリック・トレーニング

プライオメトリック・トレーニング