Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

青少年アスリートを対象としたパフォーマンスと傷害予防には(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれている。

パフォーマンスと傷害予防

青少年のパフォーマンスと傷害予防

青少年を対象としたパフォーマンスと傷害予防の向上を目的とした神経筋トレーニングを考察した大多数の研究には、多くの要素(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれています。

 

したがって、それぞれの構成要素の貢献を評価することは難しくなりますが、青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)は、6つの必須構成要素に分類できます。

www.nakajimabonesetter.com

青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)の6つの必須構成要素

  1. 動的安定性
  2. コーディネーション
  3. 筋力
  4. プライオメトリックス
  5. スピード&アジリティ
  6. 疲労耐性(心肺系と反復持久力など)

 

これら6つの要素は、様々な時期、練習、そしてトレーニングセッションで蓄積される、長期的なアスリートの能力開発モデルを通して統合されます。

 

さらに、コーチとコミュニケーションを促進することにより、トレーニングの非効率性やオーバートレーニングをもたらす不要な重複を減らし、能力の向上を最適化できます。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47