Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

スポーツ傷害とバランス能力

多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こります。

 

発表されている複数の調査から、バランストレーニングによる介入を通して、傷害と傷害リスク因子が減少したこと、また競技パフォーマンスが向上したことが明らかになっています。

 

したがって、成長期に固有感覚の強固な基礎を築くことは、競技選手としての長期的な成功と健康の促進にきわめて重要になります。

www.nakajimabonesetter.com

下肢の動的安定性のトレーニング目標

下肢の動的安定性のトレーニング目標を定めて提案されたエクササイズ中は、体幹-股関節-膝関節-足関節複合体の正しい屈曲に関する指導とフィードバックに重点を置くことが重要になります。

 

それらは、ハムストリングスの同時活性化と、あまり動的ではない外反に関連があります。

 

これらの2つの神経筋適応は、前十字靭帯の傷害に結びつくリスク因子を減少させると考えられています。

 

修正トレーニングは、アスリートが正しい自動的運動を行うことを助け、その結果、最大限に爆発的な活動を行うことができるように、同時活性化から外反への制御へスムーズに移行できるようにします。

 

正しい運動メカニクスと活性化の練習は、改善された動作法をもたらし、それがスポーツのシナリオに一層自動的に転移するとされています。

 

さらに、このようなトレーニングは、ジャンプや着地などの動的な課題における安定性を改善できます。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47

アスレティックボディ・イン・バランス

アスレティックボディ・イン・バランス

  • 作者: Gray Cook,石塚利光,菊地真也,鈴木岳,友岡和彦,山下貴士
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2011/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る