Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

バランストレーニング(バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成される)

バランストレーニングと成熟段階

バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成される

バランストレーニングと神経筋パフォーマンス

バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成されます。

 

青少年の動的安定性は、正しい姿勢と下肢のアライメントを強調する静的バランスエクササイズから始めるべきとされています。

 

アスリートが静的バランスの正しいパフォーマンスを行うことができるようになってから、指導者は動的バランスや動的安定性のエクササイズなど、より複雑なバランス課題へとトレーニングを進めることができます。

 

初心者アスリートのトレーニングモデルは、静的バランス(安定したサーフェス上での片脚立ちなど)に的を絞る必要があります。

www.nakajimabonesetter.com

動的安定性とバランストレーニング

この段階で、簡単な動的バランスエクササイズ(BOSU上での量脚立ちなど)や動的安定性エクササイズ(安定したサーフェスへの柔らかい着地)なども導入することができます。

 

この能力が達成できた中級レベルのアスリートは、続けて動的バランススキル(動揺を与える場合、または与えない場合の不安定なサーフェス上での片脚バランスなど)やより困難な動的安定性エクササイズ(BOSU上でのシングルレッグホップなど)をトレーニングできます。

 

アスリートが成長し能力が向上するにつれて、神経筋パフォーマンスと動的バランスエクササイズをより挑戦的な活動へと漸進することができます。

 

それらの活動には、予測できない活動や状況(BOSU上でのシングルレッグホップなど)でボールをキャッチしたり、パートナーによる動揺を取り入れたりできます。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47


Full Body Bosu Ball Workout | Fat Burn Training, How To for Beginners | The Hills Fitness Austin

アスレティックボディ・イン・バランス

アスレティックボディ・イン・バランス

  • 作者: Gray Cook,石塚利光,菊地真也,鈴木岳,友岡和彦,山下貴士
  • 出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ
  • 発売日: 2011/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

BOSU プロバランストレーナー (認定整備済)

BOSU プロバランストレーナー (認定整備済)