Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する

バランストレーニングと不安定なレジスタンストレーニング

多くのスポーツ活動では、バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮することが必要であるため、不安定なレジスタンストレーニング(BOSU上でのスクワットなど)は、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促す(体幹の筋の活性化、共収縮、四肢筋群の活性化をより高める)ことが明らかになっています

 

さらに、不安定性トレーニングは関節に与えるストレスがより少ない状態で筋の高い活性化を達成できるため、有益になります。

 

しかし、他方では、不安定なレジスタンストレーニングにより発揮筋力が低下し、拮抗筋の活動増大をもたらす可能性があり、それがレジスタンストレーニング時の絶対筋力の増大に悪影響を及ぼすかもしれないともされています。

www.nakajimabonesetter.com

競技パフォーマンスとバランストレーニング

競技パフォーマンスに対する不安定性トレーニングのプラスの効果はまだ定量化されていません。

 

しかし、若年アスリートにレジスタンストレーニング介入をする場合、大きな力(安定状態)と神経筋系へのストレス(不安定状態)の両方を促すために、安定したエクササイズと不安定なエクササイズの両方を取り入れるべきとされています。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47