Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

動的安定性トレーニングの漸進(初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされている)

動的安定性トレーニングの漸進

動的安定性プログラム

最新研究のレビューでは、初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされています。

 

例えると、四足歩行すなわち「ビッグドッグ」エクササイズや横隔膜呼吸などがあります。

 

これらのエクササイズは、主に持久力と運動コントロールを要求する「低閾値」の姿勢運動で構成されています。

 

これらのエクササイズのもうひとつの目的は、ニュートラルな脊椎姿勢を保持しながら、体幹と腰部の深部筋群を活性化することです。

www.nakajimabonesetter.com

コアエクササイズと安定性の漸進

中級レベルの青少年アスリートは、安定性と筋持久力および反応性のエクササイズを通じて漸進させる必要があります。

 

コアエクササイズを行うことで安定性と筋力を漸進させる多数の方法があり、コアの筋力と安定性を向上させるために研究された一般的なエクササイズの中には、プランクのバリエーション(フロント、サイド、リバース)やブリッジエクササイズなどがあります。

 

これらのエクササイズは、大部分がニュートラルな脊椎姿勢で実行され、それは青少年スポーツの特徴とされるスピードや方向転換中の姿勢でもあります。

 

これらのエクササイズは、不安定なサーフェスを加えることにより、アスリートをさらに高い課題に挑戦させることができます。

 

パフォーマンスが進むにつれて、機能的なエクササイズは筋力とパワーの要素を漸進させます。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47