Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

コーディネーション能力(思春期前期は適切なコーディネーション能力をしっかりと身に付ける最適な期間であり、一方、より遅い段階(成人期)は、このスキルを最大限に向上させるには、比較的困難な時期になる)

コーディネーション能力

コーディネーション能力とは

コーディネーション能力は様々に定義され、また様々に異なり、複雑な運動スキルを実行する能力を含んでいます。

 

複雑な運動スキルを実行する能力、動作をコントロールし調節する能力、そして環境にある物質や事象のパターンに関連付けて身体と四肢を配置する能力は、ヒトがコーディネーション能力を発揮できる方法の一部になります。

 

行われた動作に対するスキルの要求が、高レベルの知覚的また認知的な特性を必要とする活動において、環境と関連付いたコーディネーション能力は特別な関心事項になります。

www.nakajimabonesetter.com

最適な動作のコーディネーション

科学的研究は、アスリートが運動を行うためには、最適な動作のコーディネーションを発達させることが必要であることを強調しています。

 

若年期には神経の可塑性が大きいため、コーディネーション能力を発達させるトレーニングは若いうちに始める必要があります。

 

この意味で、思春期前期は適切なコーディネーション能力をしっかりと身に付ける最適な期間であり、一方、より遅い段階(成人期)は、このスキルを最大限に向上させるには、比較的困難な時期になります。

 

同様に、子どもは多様なスポーツ活動(ホッケー、ハンドボール、ラグビー、体操など)に参加することが推奨されます。

 

あるスポーツに特化する前に、多種多様なスキルセットに対する神経適応を最大化するためであり、若年期に多様な運動パターンを取り組むことは、若年アスリートに、競技状況でも適切かつ安全に反応する能力を与えるとされています。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009