Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

青少年の伸張-短縮サイクル:Stretch Shortening Cycle(高強度のプライオメトリックエクササイズは、最大努力と大きな関節負荷を伴う活動であると説明されており、適切な運動メカニズムの正しい発達を保証する)

伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)と傷害

プライオメトリックストレーニングにより、青少年アスリートの筋パワーが向上し、スポーツパフォーマンスが高まり、傷害リスクが低下することが知られています

 

このトレーニング方法は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)の能力向上に基づくものになります。

 

SSCは、筋の急激な伸張(伸張性筋活動)とそれに続いて起こる急激な短縮(短縮性筋活動)によって成り立ちます。

 

この素早い運動の結果として、SSCは弾性エネルギーと伸張反射の両メカニズムに依存していますが、そのどちらも、青少年期にトレーニング可能であると考えられています。

 

www.nakajimabonesetter.com

運動メカニクスとプライオメトリックストレーニング

プライオメトリック動作は自由な遊び(多方向へのジャンプやスキップなど)でみられる最も代表的なトレーニング様式ではありますが、デプスジャンプなどの高強度のプライオメトリックエクササイズは、最大努力と大きな関節負荷を伴う活動であると説明されています。

 

その結果、高強度のプライオメトリックエクササイズは、最大努力と大きな関節負荷を伴う活動であると説明されており、高強度のプライオメトリックエクササイズは、適切な運動メカニズムの正しい発達を保証するとされてます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009