Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

青少年のアジリティトレーニング(思春期直前の技術的能力が不足している子どもの場合、第一の焦点はFMSの発達に、第二の焦点はCODSとRATに置くべきとされている)

青少年のアジリティトレーニング

青少年におけるアジリティトレーニング

青少年のアジリティトレーニングに関する科学的な研究の不足にもかかわらず、Lloydらは、最近、FMSと方向転換のスピード(CODS)および反応アジリティトレーニング(RAT:reaction agilit training)に基づいた技術的能力の各段階の漸進例を作成しました。

 

方向転換のスピードは、オープン様式で非計画的な反応的アジリティとは対照的なスキルであり、本質的にクローズド様式で事前に計画されたスキルであると考えられています。

www.nakajimabonesetter.com

アジリティにおけるトレーニング要素

これらの研究の著者は、児童と思春期の若者はどちらも3つのトレーニング要素のすべてを経験すべきであると提案しています。

 

しかし、各トレーニング要素の時間配分は発達/技術的能力の段階によって異なります。

 

例えば、思春期直前の技術的能力が不足している子どもの場合、第一の焦点はFMSの発達に、第二の焦点はCODSとRATに置くべきとされています。

 

一方、技術的な能力を有する青年期のアスリートは、FMSとCODSの能力を維持しながらRATにより大きな重点を置くべきです。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009