Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

疲労耐性に対する効果

疲労耐性に対する効果と手法に関する最新のエビデンスを前提とすると、全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。

 

最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。

 

アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。

www.nakajimabonesetter.com

特異的なスポーツパフォーマンス

若年アスリートが特異的なスポーツスキルのパフォーマンスを追求するのに十分な能力レベルまで進んだら、SSGと従来のHIITを組み合わせたトレーニングが推奨されます。

 

動的安定性、筋力、プライオメトリックス、コーディネーション、スピード&アジリティ、および疲労耐性がトレーニングの必須要素になります。

 

その目標は、傷害に対する抵抗性を高め、青少年集団の競技パフォーマンスと運動パフォーマンスの能力を高めることになります。

 

青少年のためのINTでは、最初に、FMS能力を育成することによって重要な土台を形成し、次にそれらの基礎的スキルの上に、競技特異的なスキルセットを形成しなければなりません。

 

適切に計画されたINTプログラムの鍵となるのは、これらのすべての要素を個々のアスリートに合わせた様式に統合すること、そして最適な運動メカニズムを獲得し、保持し続けるよう若年アスリートを動機づけるために、楽しく参加できるトレーニングを立案し実施することです。

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009

 

リカバリーの科学 ─スポーツパフォーマンス向上のための最新情報─

リカバリーの科学 ─スポーツパフォーマンス向上のための最新情報─

  • 作者: Christophe Hausswirth,Iñigo Mujika,長谷川博,山本利春,桜井智野風,中村大輔,田中美吏,山口太一,安松幹展,鬼塚純玲,依田珠江,笠原政志,太田千尋
  • 出版社/メーカー: ナップ
  • 発売日: 2014/09/15
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る