Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

バイオバンディングと試合(青少年スポーツプログラムの競争的で選択的な特性により、早熟な青少年は自分の技術的、または戦術的なスキルを軽視し、身体的な強さだけでプレーするように仕向けられる可能性がある)

バイオバンディング

バイオバンディングと試合

青少年スポーツプログラム

青少年スポーツプログラムにとって試合はなくてはならない要素であり、本来、良いものでも悪いものでもなく、体格や成熟の不一致から生じる試合の不公平は、早熟、晩熟どちらの少年少女の発達も妨げる働きをする可能性があります。

 

仲間よりも早く成熟するアスリートは、スポーツによっては、体格や運動能力が優れているために競争上の優位を経験します。

 

当初は早熟な選手ほど多くの成功を収めますが、同時にそれは、挑戦を経験することが少ないと論じることもできます。

 

その結果、早熟なアスリートは身体的に同等レベルの、また自分より成熟した対戦者との将来の試合に備える準備ができません。

 

多くの青少年スポーツプログラムの競争的で選択的な特性により、早熟な青少年は自分の技術的な、または戦術的なスキルを軽視し、身体的な強さだけでプレーするように仕向けられる可能性があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

発達段階

神経経路が強化されたり、消失されたりする発達段階(すなわち小児期と思春期)に、そのような技術的、戦術的スキルを使用しなかったり開発できなかったりすると、学習や将来のパフォーマンスに重大な意味を持つこともあり、そのような活動の結果が最も明白となるのは思春期後期や成人期初期であり、その時期には、体格や機能の成熟に伴う個人差が縮小し、場合によっては逆転することさえあります。

 

これらの要因をまとめると、小児期に最も有能であるとされたアスリートが、なぜ成人として期待するほどの成果を上げられないのかの説明に役立ちます。

 

www.nakajimabonesetter.com

 

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


SSA Coaches Bootroom #1: Bio-banding with Adam Baxter Jones

子ども・青少年のスポーツライフ・データ2017-4~21歳のスポーツライフに関する調査報告書

子ども・青少年のスポーツライフ・データ2017-4~21歳のスポーツライフに関する調査報告書

  • 作者:笹川スポーツ財団
  • 出版社/メーカー: 笹川スポーツ財団
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 大型本

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

  • 作者:NSCA ジャパン
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす

SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)