Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

バイオバンディングにける アスリートの選抜における相対的な年齢バイアス(より年長な選手、より成熟した選手に対する選択バイアスが存在することが認識されている)

バイオバンディング

バイオバンディングにける アスリートの選抜における相対的な年齢バイアス(より年長な選手、より成熟した選手に対する選択バイアスが存在することが認識されている)

アスリートの選抜における相対的な年齢バイアス

スカウトの過程の一部として、より年長な選手、より成熟した選手に対する選択バイアスが存在することが認識されているため、英国やスコットランドの多くのプロサッカークラブは、選抜試験を実施しています。

 

同様に、PSVアイントホーフェンのサッカーアカデミーとの共同研究によると、スカウト時に比較的年長の選手が選抜されやすいバイアスは、年齢順のシャツを着用することで軽減することが示されました。

 

アスリートの選抜における相対的な年齢バイアスに対処するために、これらの方策をはじめ様々な対策が試みられています。

 

しかし、報告でも指摘されるように、それらの方法は成熟度の違いは説明しないため、これらの方策の総合的な効果は限定的であるとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

個人差の成熟度の違い

個人差の成熟度の違いはカレンダーに左右されず、ある暦年齢内では、例えば11.0~11.99歳でも、また13.0~13.99歳でも、四半期ごとの誕生月の中には平均的な選手もいれば、早熟な選手も観察されます。

 

ある年の遅生まれの選手であっても、成熟度が進んでいれば、自分と同じ年齢グループ内で競争に苦労するとは予想されず、一方、早生まれの選手でも成熟の遅い選手は、同年齢の仲間に対しては、運動能力や体格の優位性を期待できない場合もあります。

 

また注意すべき点として、相対的な年齢効果は、集団に特異的な現象であり、すでに指摘したように組織に様々な年齢のアスリートが所属している集団に基づく現象であり、個々のアスリートの成熟度の反映であると考えるべきではないとされています。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


Johan Pion and Tengku Fadihal | Talent Identification of Badminton Players using Bio-Banding