Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

バイオバンディング

バイオバンディングとS&C

S&Cの環境

バイオバンディングは当初、試合で対戦する選手同士のつり合いを取ることを目的として提案されていますが、それはS&Cの環境でも同様の潜在的妥当性があります。

 

現場指導者に対してはこれまで長い間、若年アスリートのためのトレーニングプログラムを作成する際、成長と成熟の個人差に適合させることを推奨されてきました。

 

例えば、小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成される一方、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、より強く、より速くなり、パワーを増大させることができます。

 

www.nakajimabonesetter.com

思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスク

また、思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスクが増大する期間でもあり、この急激な成長段階には、トレーニングと回復を一層注意深くモニタリングし調節することが推奨されます。

 

しかし、成長スパート自体が傷害リスクが増加する原因なのか、あるいは年齢や体格、成熟などに関連する広範囲な因子(行動の変化、トレーニング量、試合の特性の変化、おそらく他の因子も含まれる)の累積効果が傷害の原因なのかは不明であり、さらなる研究が必要とされています。

 

トレーニング効果を最適化し、アスリートの安全と健康を保証するために、専門職は成熟度の個人差を考慮する必要があります。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


NSCA Review | BioBanding in Youth Sports/Training

子ども・青少年のスポーツライフ・データ2017-4~21歳のスポーツライフに関する調査報告書

子ども・青少年のスポーツライフ・データ2017-4~21歳のスポーツライフに関する調査報告書

  • 作者:笹川スポーツ財団
  • 出版社/メーカー: 笹川スポーツ財団
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 大型本

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫

  • 作者:NSCA ジャパン
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす

SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)