Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

長期的アスリート育成モデル(若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切なトレーニング刺激を実行することにより加速され、最適化すると提案されている)

長期的アスリート育成モデル

長期的アスリート育成モデル

長期的アスリート育成モデル(LTAD:Long Team Athlete Development)

長期的アスリート育成モデル(LTAD:Long Team Athlete Development)は、世界的に認められた最初のアスリート育成モデルであり、若年アスリートを指導する多数の組織が採用し、実施しています。

 

LTADモデルは、若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切なトレーニング刺激を実行することにより加速され、最適化すると提案しています。

 

著者らは事前の評価と思春期の成長スパートの評価およびモニタリングを通して個々のアスリートの発達段階に応じてトレーニングプログラムを改変することが可能であり、それによってアスリートは潜在的な利益を最大限に獲得できると提唱しています。

 

www.nakajimabonesetter.com

LTADモデルはいくつかの点に関しての批判

トレーニングを成熟度に一致させるという考え方は直感的に魅力がありますが、LTADモデルはいくつかの点に関して批判されています。

 

主な批判は、主要な発達段階を定義するために、成熟度による集団ではなく暦年齢集団を用いたこと、好機を逃すと運動能力の発達が損なわれることを示唆するエビデンスが乏しいこと、そして筋力の発達を強調する段階があまりに遅いことなどが挙げられています。

 

LTADモデルのさらなる限界は、思春期の成長スパートの重要性を過度に強調していることに加えて、他の局面や機能面における思春期の成長スパートに関する検討が不足していることです。

 

www.nakajimabonesetter.com

引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic judo athletes1964-2012 Percept Mot Skills 121:300-308.2015


Johan Pion and Tengku Fadihal | Talent Identification of Badminton Players using Bio-Banding